西安金橋国際旅行社のブログ

西安及び中国全土の個人旅行用車、ガイド、地元美食などのお手配いたします

中国、春運開始から3日間の鉄道利用者が前年同期比で7割以上減

中国国家鉄路集団有限公司はこのほど、春運(春節旧正月、今年は2月12日>期間の帰省・Uターンラッシュに伴う特別輸送体制)が始まった1月28日から30日までの3日間、中国全土の鉄道利用者はそれぞれ延べ308万人、283万人、296万人と、前年同期比で4分の1程度だったことを明らかにした。4日目の1月31日の利用者は、前年同期比75%減の延べ290万人が見込まれ、運行が計画された旅客列車は6218本だった。鉄道当局は、新型コロナウイルス対策を徹底して講じ、「非接触式」サービスを強化し、旅客の安全を守る取り組みを行っている。澎湃新聞が報じた。

 

中国政府が国民に対して、「現在の居住地で春節を過ごす」よう呼び掛け、措置を講じているのを背景に、今年の春運の鉄道利用者は大幅に減少している。利用者は少ないものの、鉄道当局は新型コロナウイルス対策については手を緩めることなく、徹底的に講じ、「非接触式」サービスを強化して、新型コロナウイルス感染リスクを低減するよう取り組んでいる。例えば、駅構内に入り乗車するまで電子チケットが全面的にカバーしているというメリットを活用して、ほとんどの旅客が身分証明書をかざすだけで自動ゲートを通過できるようにしている。また、待合スペースでは旅客に分散して座るように案内するほか、乗車後は旅客に車内を移動しないよう促したり、QRコードやオンラインで食事などを注文するよう勧めたり、ソーシャルディスタンスを保つよう呼び掛けたりしている。(編集KN)

 

人民網日本語版」2021年2月2日

「中国石窟芸術の里」甘粛省、石窟の保護利用を強化へ

甘粛省天水市麦積(ばくせき)区にある麦積山石窟の第5窟第3仏龕西側の菩薩像。(2020年11月29日撮影、天水=新華社記者/馬希平)

 

 【新華社蘭州2月1日】中国甘粛省でこのほど開かれた同省文物局長会議は、第14次5カ年規画(2021~25年)期間に石窟の保護、利用を強化する方針を示した。省内の石窟管理の標準化を進め、科学技術によるサポート強化を図る。

 

 同省は「石窟芸術の里」と呼ばれ、省内に205カ所の石窟がある。うち敦煌莫高窟、麦積山石窟、炳霊寺石窟の3カ所は世界遺産に登録されている。

 

 同省文物局の馬玉萍(ば・ぎょくへい)局長は、同省が2020年に開始した石窟の基本状況、文化財の現状、周辺環境などの特別調査が4月までに完了するとの見通しを示した。

春聯(今年は一日も早くコロナが終息することを願いつつ前へ進む)

春聯(今年は一日も早くコロナが終息することを願いつつ前へ進む)

春聯(今年は一日も早くコロナが終息することを願いつつ前へ進む)
こんにちは
“古都西安人”です。
二十数日を過ぎれば、もうすぐ中国の伝統的な祝日であり、
春節(旧暦のお正月)」です、一年の中で最も盛大な祝日です。
民間では春節(旧暦のお正月)を迎える際に、玄関に縁起の良い言葉が書かれた赤い紙を貼ります、「春聯」という正月飾りで新年に対しての期待を表します。
毎年 大晦日に家々は「春聯」を貼り換えます、各家々が前の年に別れを告げ新しい年を迎えます。「春聯」は「門対」とも言います、一般的に門(扉の両側)に貼り付けます。
通常は赤い紙に黒い字で縁起の良い対句を書きます、「横向き1つと縦向き2つ」でワンセットです、縦向き2つは字数が同じで、語彙はお互いに相応する意味を持ち、品詞とアクセントを合わせる事も条件です。
「春聯」の起源は二千年余りも前の春秋戦国時代に遡ります、周の時代には、桃の木の板に護符を書き、其々左右の門の扉に貼りつけて、魔除けの役割を果たしていたそうです。
日本に伝わり、現在の門松注連縄へと繋がっています。桃符に春聯を書くようになったのは、五代の後蜀主の孟昶(934〜965)に始まり、除夕に孟昶が桃符に「新年納余慶、佳節号長春」(新年に去年の福を受継ぎ、この素晴しい祭日を長春と呼ぶ)と題したというが、これが中国の最初の春聯と思われます。
春聯が木の板から紙にかわったのは、宋代です、
千門万戸瞳瞳たる日、総て新桃を旧符に換えるという宋の詩人・王安石の名句が創作された時期はちょうど「桃符」から「春聯」への過度期に当たると考えられています。
春聯と命名されたのは明の朱元璋であります、
特に春聯を好んだ朱元璋は自ら春聨を記すのみならず、朝廷群臣から庶民に至るまで「春聨」を貼り出すように勅命を出したことに由来します。年越しに春聯を貼ることは、大きく普及していき、現代まで受け継がれてきた大切な文化です。

 

豊穣のシンボルでもある「牛」丑年の本年が平穏無事で実りある一年になることをお祈りします。

 

新しい年が皆様にとりまして 幸多き年となりますよう心よりお祈り申し上げます。

 

一日も早く新型コロナウイルス感染症が終息し、清々しい日常が戻りますことと皆様のご健康ご多幸と希望に満ちた年になることをご祈念申し上げます。

2千年前の秦漢都城遺跡で後宮の遺構見つかる 陝西省西安市

【12月26日 Xinhua News】中国陝西省(Shaanxi)西安市(Xi’an)閻良区にある秦漢櫟陽(れきよう)城遺跡でこのほど、新たな発見があった。3号古城と呼ばれる地域から、浴室や壁炉(暖炉)、かまどなどの遺構が多数見つかった。2千年以上前の秦漢時代の都城にあった後宮の跡ではないかと推測される。

 

 櫟陽城は秦の献公2(紀元前383)年に築城され、続く孝公時代、さらには秦末の楚漢戦争時の塞王司馬欣(Sima Xin)の時代、そして漢王朝初期の都城となった。西安近郊では、秦の咸陽城、漢の長安城と並ぶ秦漢時代の第3の都とされる。

陝西省の若者がメカを製作、孫悟空が現実的なものに?!

陝西省咸陽市のある倉庫内で、メカのデザイナーである尹大江氏と辛啓東氏がパソコンを見ながら、新作のデザインプランを調整していた。彼らの背後には、2人で作った「斉天大聖」「牛魔王」「侠客」などの中国の要素をあしらったメカが置かれていた。中国新聞網が伝えた。

今年40歳の尹氏は取材に、「幼い頃から『西遊記』や『トランスフォーマー』などの名作アニメを見ていた。成長してもメカや模型などへの興味が衰えず、自分で楽しむためによくメカの道具を作っていた。数年前に同じくメカをこよなく愛する20代の辛氏と知り合った。たちまち意気投合し、『中国風』のメカ模型を製作するアトリエを設立することを決定した」と語る。

 

同チームが作るメカは金属の質感があるが、実際には専門的な高密度環境保護道具及びその他の材料で作られている。そのため高さ約2メートルのメカでも、重さは20キログラムほどに抑えられる。

 

現場ではチームの協力により、尹氏がまずメカの足を装着し、それから胸当てをつけ、最後にカブトをかぶった。十数分後、威風堂々たる「孫悟空」が人々の目の前に姿を現した。このようなメカは一体につきデザインから製作までかかる時間は数十日で、コストは1万元(1元は約15.8円)から数万元だという。(編集YF)

 

人民網日本語版」2020年12月21日

陝西省澄城県 さくらんぼで村おこしを

最近、陝西省渭南市澄城県のさくらんぼ実験ステーション苗木繁殖センターでは、技術者が新種のさくらんぼの苗木開発に取り組んでいます。

 近年、澄城県政府は、現地の気候と土地面積の優位性を利用して、さくらんぼ栽培を同県の農業ブランド構築と質の高い農業開発の突破口としています。同県ではこれまでに、さくらんぼの栽培面積が合計6千ヘクタールに達し、毎年農家に1億4000万元(約22億2800万円)の収入をもたらしています。さくらんぼの栽培は、現地農民の貧困脱却を支える基幹産業になろうとしています。(任春生、坂下)

甘粛慶陽 伝統の影絵芝居が新ストーリーを取り入れる

近年、国家級無形文化遺産である環県道情影絵芝居は伝承の中で革新し続け、伝統の演目を保ちながら新たな活力を生んでいる。このほど、地元の劇団は湖羊養殖産業が環県の貧困脱却を後押ししたことを描いた新演目『三“羊”開泰』を制作し、周辺の各県区で公演を行うとともにオンラインでも公開し、高く評価されている。

 

「中国網日本語版(チャイナネット)」 2020年10月28日